よくあるご質問

今までお客様よりいただいたご質問を、Q&A形式でまとめました。

トナーやプリンターについての疑問、サイトについての質問などを都度追加していきます。

トナー・ドラムについて

「トナー」と「インク」はどう違うの?

「トナー」は粉で「インク」は液体です

ご存じの方も多いとは思いますが、インクは色が付いた液体(ジェル)です。一方、「トナー」はインクと異なり、色の付いた細かい粉です。

インクの場合、プリンター内部でインクを細かくスプレーのように噴き出して印刷を行いますが、トナー(粉)はそのままでは紙にくっつかないため、プリンターの内部を熱くして溶かし、紙にしみこませた後に圧力をかけることによって画像や文字を作ります。

「ドラム」って何?

ハンコに例えると「トナー」が朱肉、「ドラム」はハンコ本体の役割をしています

「ドラム」は、生産・販売しているメーカーによって「ドラムカートリッジ」「感光体ユニット」「イメージドラム」など様々な呼び方がございます。印刷したい画像や文字のデータを表面に蓄え、その通りにトナー(粉)を吸いつける役割をしています。

ちょっとわかりにくい説明かもしれませんが、ドラムとトナーの関係は「はんこ(ドラム)と朱肉(トナー)」に似ています。

朱肉だけでは文字を作れないのと同様に、レーザープリンターにはトナーだけでなく、ドラムも絶対に必要となります。トナーほど頻繁ではありませんが、消耗品なのでトナーと同様に時期がきたら交換が必要です。

なお、機種によってはトナーとドラムが一体化したものもあります(各社のモノクロプリンターや、キヤノン製カラープリンターの消耗品に多いです)

「ドラム」ってトナーとは別物?ドラムの方がお得じゃない?

別物です

トナーとドラムは役割がまったく異なります。機種によってはトナーとドラムが一体化したものもありますが、消耗品としてトナーとドラムが別々に存在するプリンターの場合、必ずプリンター本体のパネルに表示された消耗品をご用意ください。

ご販売価格と印字枚数との関係上、1枚あたりのコストはドラムの方がお得に見えますが、ドラムはトナーの代用になりません。

また、大抵のプリンターでトナーよりドラムが長持ちするよう設計されておりますので、トナーが必要にも関わらずドラムを購入してしまった場合、交換までの長い間、ドラムを保管するスペースが必要になってしまいます。ご購入の際は、くれぐれもご注意ください!

リサイクル品は「品質が悪い」と聞くけど、実際はどうなの?

純正品に比べると不具合率は高いですが、近年は高品質の商品も多くなってきました

リサイクルトナーは純正トナーに比べて「分解→清掃→トナー詰め→組み立て」という工程がかかる分、部品の品質不良などが起こる確率は少し上がってしまいます。

ですが、純正トナーでも不具合の発生率はゼロではありませんし、近年はリサイクルトナーも高品質になってきました。

当店はISO9001(品質マネジメントシステム)やISO14001(環境マネジメントシステム)を取得している、選りすぐりのリサイクル工場とだけ契約しており、各工場はこの規格に基づき、品質改善・環境負荷の改善を常に目指した生産活動をしておりますので、ぜひ安心してお使いくださいませ。

リサイクルトナーは純正トナーより発色が劣る?

成分と作り方が違うので、発色・光沢が「悪い」というよりも「メーカーの意図と異なる」という方が実情には近いです

トナーの成分や作り方はメーカーが特許を取得しており、同じ原料や高低でトナーを作ることができないため若干の違いが出るため、「メーカーの意図と異なる」というニュアンスの方が近いです。

近年リサイクルトナーの品質が向上してきましたので、写真レベルの印刷をされる方や色番号まで細かく管理されるお仕事でない限り、問題なくお使いいただいております。

また当店では、「発色にこだわりたいけれどトナー代を安く抑えたい」お客様にノーブランドトナーをお使いいただくことをオススメしております。

ノーブランド品は、メーカー純正トナーと同じ工場で生産されたメーカーロゴ印字前のトナーなので、純正品とまったく同じ品質でコストを抑えることができます!

リサイクル品が欲しいけど、使用済みカートリッジは絶対必要?

商品にもよりますが、ほぼ「必須」ではございません

リサイクルトナーやリサイクルドラムは、みなさまが使い終わった使用済みカートリッジをリサイクルして生産しますが、大抵のリサイクルトナー・ドラムは、既にみなさまから回収した使用済みカートリッジを用い、「作り置き」がなされております。

したがって、使用済みカートリッジが絶対必要ということはありませんし、使用済みカートリッジの有無によって、販売価格が変わる商品はございませんのでご安心ください。

ただし、作り置きが間に合わない、一部の人気かつ在庫僅少の商品は、ご注文と同数程度の使用済みカートリッジのご提供をお願いすることもございます(その場合はスタッフよりご連絡を差し上げます)

また、ご注文後にお客様がお使いになった空カートリッジを先に回収し、再生加工を施してお届けする「リターン再生品」のみ、使用済みカートリッジは絶対必要となります(使用済みカートリッジが流通せず、お客様から使用済みカートリッジをお預かりしないとリサイクルができません)

トナーの回収の時に、他のトナーも一緒に回収してくれるの?

ご注文の商品とは別のトナーでも、他店で購入されたトナーでも回収を承ります

使用済みカートリッジは、リサイクルトナーの大事な材料の1つです。お客様へのサービスも兼ね、当店でご注文いただいたことのあるお客様に限り、使用済みカートリッジは購入先を問わず無料で回収いたします。

なお、使用済みのドラムカートリッジも無料回収いたしますが、下記のように一部無料回収対象外の商品もございます。

  • トナー・ドラム以外の消耗品(廃トナーボトル、(ITB)ベルトユニット、FUSER KITなど)
  • 使用済みインクカートリッジ
  • 当店で取り扱いのない商品

詳細は「使用済みトナーの無料回収について」をご確認くださいませ。

トナーを回収してもらう時、段ボールがないけど何に入れたら良いの?

使用済みトナー(梱包も含む)が破損しなければ、どのような梱包でも構いません

一番簡単でスムーズなのは、交換するトナーが入っていた箱を使っていただくことですが、本数が増えたり箱を処分してしまったりと、お手元に箱のないお客様からのお問い合わせもいただきます。

当店としては、使用済みトナーと梱包が破損しないように緩衝材を多めに使っていただければ、段ボール箱以外(紙箱、紙袋、ポリ袋、新聞紙など)で包んでくださっても構いません。

また、破損しない限りは大きめの箱に複数本詰めていただけるのも大歓迎です!

詳細は「使用済みトナーの無料回収について」をご確認くださいませ。

使い終わったカートリッジに粉を詰め替えてリサイクルしてもらえる?

対応可能かお調べいたしますので、まずはお問い合わせください

下記のようにリサイクル工場が対応できない場合がございますので、予めご了承ください。

1. プリンター・コピー機本体が発売されて間もない場合

リサイクルトナーの開発は、プリンターやトナーカートリッジが発売されてから始まります。プリンターの構造や印字方法、相性などを研究し、何度も行われるテストに合格して初めて製品化されますので、純正トナーカートリッジと同時に発売されることはありません(だいたい、プリンターの発売から1年以内でリサイクルトナーも発売されます)

2. 需要が少ないため製品化されない場合

主にFAX機能やコピー機能が付いた機械(複合機)の消耗品にいえます。複合機のトナーはメーカーとの契約範囲内で無償で提供される場合が多く、プリンターに比べて「わざわざトナーを買う人」が圧倒的に少なくなります。そのため、リサイクル工場も複合機用トナーのリサイクルを行わないことが多くなっております。

「トナー交換時期」と表示されたけど、すぐトナーを買った方が良い?

可能であれば3〜4日以内に新しいトナーカートリッジをご用意ください

「トナー交換時期です」とのメッセージが出てから実際に印刷できなくなるまでの期間は、プリンターやメーカー、印刷の量によって大幅に異なります。

印刷できる枚数が少ない小型のプリンターや複合機では、メッセージ表示後すぐにトナーが切れてしまう場合もありますので、可能であれば常に予備のトナーを置いておくことをオススメいたします。

一度メッセージが表示された時点では、実際にはまだトナーが残っていることも多いので、プリンターからトナーカートリッジを取り出し、静かに4〜5回左右に振ってみてください。

印字ムラがなくなったり、メッセージが出なくなったりと、今まで通りに印刷できるようになると思います。

トナー・ドラムについて

「トナーのプリンター」と「インクのプリンター」はどう違うの?

トナーはレーザープリンター、インクはインクジェットプリンターと呼ばれています

それぞれの特徴・メリット・デメリットは下記の通りです。

レーザープリンター
主にビジネス用として販売・使用されています
インクジェットプリンター
主に家庭用として販売・使用されています
印刷量 インクに比べて、トナー1本で印刷できる枚数が圧倒的に多い トナーに比べて、インク1個で印刷できる枚数が少ない(大量印刷の場合は交換の手間がかかる)
画質 モノクロ(白黒)印刷はインクジェットよりもくっきりと印刷できる 機種によっては写真レベルの印刷も可能
消耗品のコスト インクに比べて高い(1本で数千円〜数万円) トナーに比べて安い(1個で数百円〜数千円)
用紙のコスト 専用の紙がいらないため、1枚あたりの印刷コストは安い インクジェット専用紙が必要になるため、1枚あたりの印刷コストが高い
印刷スピード 1ページずつ印刷するため速い 1文字・1行ずつ印刷するため遅い
消費電力 発熱・定着装置が必要なため、消費電力は大きい 発熱・定着装置がいらないため、消費電力は小さい

当店のサービスについて

パスワードを忘れちゃった!

新しいパスワードの再発行手続きをお願いいたします

顧客様のパスワードは、個人情報保護法の観点より暗号化して登録しており、当店でも確認できないため「パスワード再発行の手続き」をお願いしております。

ご登録のIDとメールアドレスをご入力いただくと、そのメールアドレス宛に、パスワード再設定ページのホームページアドレスが記載されたメールが届きます。

同時に、再設定ページでご入力いただくための【8桁のアルファベットと数字】が記載された画面が出てきますが、この画面は再設定終了まで消さないでください!

メール内に記載されたパスワード再設定ページへアクセスしたら、画面に表示された【8桁のアルファベットと数字】と、新しいパスワード(半角英数字4〜16文字)をご入力ください。

パスワードの再設定に成功すると、「パスワードの再設定が完了しました。トップページよりログインを行なってください」というメッセージが表示され、これで変更手続き完了となります。

なお、セキュリティの観点から、上記工程の作業制限時間がございますので、お時間に余裕がある時にお手続きくださいますようお願い申し上げます。

パスワードだけでなくIDも忘れちゃった!

会員登録完了メールをご確認いただくか、当店までお問い合わせください

パスワードの再発行にはご登録いただいたIDも必要となり、IDがわからないと再発行手続きが行えません。

会員登録完了メール(件名:<ベストトナーショップ> 会員登録完了のお知らせ)に記載がございますのでの、ご登録いただいているメールアドレスの受信ボックスをご確認ください。

また、IDは当店で確認が可能ですので、メールが見当たらない場合は当店までお気軽にご連絡ください。

なお、パスワードをご用意いただいている場合、IDを紛失されても、代わりにご登録のメールアドレスでのログインも可能です。一度お試しください。

頼んだ商品がまだ届かないので送り状番号を教えて!

お電話もしくはメールでお問い合わせください

大変恐れ入りますが、当店では「商品配送のお知らせ」メールに送り状番号を記載しておりません。

お手数をお掛けしますが、都度お問い合わせいただけましたら、送り状番号と併せて商品のお届け状況も確認させていただきます。

なお、メーカー自社便やチャーター便など、送り状番号が発行されない(お届け状況が公開されない)便で手配する商品も一部存在します。

ご不便をお掛けしますが、より安い商品を、より早くお届けするための最善策を採っておりますので、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

領収証がまだ届きません!

商品とは別に郵送しており、商品到着後1〜2日で届くよう発送しております

ご注文の際、上の画像の箇所で「必要」をお選びいただいたお客様にお送りしておりますが、商品とは発送場所が異なるため、大変恐れ入りますが原則として商品への同梱は承りかねます。

なお、領収証の発送状況は、ご注文後にお送りする「<ベストトナーショップ> 商品配送のお知らせ」というメールでもご案内しております。よろしければ、併せてご確認くださいませ。

他にご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください

iconCharacterBtsTel

上記のQ&Aで疑問は解消されましたでしょうか? もし他に疑問・質問がございましたら、お気軽に当店までご連絡ください。お客様の疑問・質問を解消できるよう、迅速に対応させていただきます。